メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清掃活動

三左衛門堀、美しく 県と姫路市、住民が /兵庫

外堀川で水草やゴミを取り除く地域住民や県、市職員ら=兵庫県姫路市三左衛門堀西の町で、幸長由子撮影

 姫路市の中心部を流れ、水草が茂ってゴミの投棄が絶えない外堀川で、地域住民と県、市が28日、清掃活動をした。県によると、NPOによる清掃はあったが、行政と住民が共同した大規模活動は初めて。

 外堀川は姫路藩主、池田輝政が造成したとされ、通称「三左衛門堀」と呼ばれる。春から夏になると外来種のホテイアオイなどの水草が生い茂り…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校生揮毫「私たちの星を守りたい」 平和とコロナ終息願い 岐阜総合学園書道部

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ファッションマスク200種 500円~10万円まで 東京駅地下街に専門店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです