メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工知能

胃がん診断のAI開発 画像2000枚、1分で 発症正答率92.2%

AIの胃がんの内視鏡画像診断のイメージ

 内視鏡画像による胃がんの診断を支援する人工知能(AI)を開発したと、さいたま市の民間クリニックやがん研究会有明病院(東京都)などのチームが米専門誌「ガストリックキャンサー」に発表した。2000枚以上の画像を1分もかからずに判定し、胃がん発症の有無の正答率は9割を超えた。

 胃がん検診で内視鏡医の作業の負担を減らすだけでなく、検査をしながらリアルタイムでAIに画像を判定させ、疑わしい部分をより丁寧に調べるなどの活用が期待される。

 開発したのは、「ただともひろ胃腸科肛門科」の多田智裕院長ら。チームは、同クリニックやがん研有明病院…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文667文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道震度7 主要活断層帯を刺激する恐れも
  2. 北海道震度6強 震源37キロ 異例の深さ
  3. 北海道震度7 海外観光客「怖かった」
  4. 元モーニング娘。 吉澤ひとみ容疑者 飲酒ひき逃げで逮捕 赤信号無視 2人ケガ(スポニチ)
  5. 訃報 バート・レイノルズさん82歳=米俳優

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです