メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

出生前診断って? おなかの赤ちゃんの病気検査 倫理面で議論も=回答・千葉紀和

新型出生前診断に使われる検査キット。妊婦の血液を採取した後、米国に送り検査する=2012年11月7日、斎藤広子撮影

 なるほドリ 新型出生前診断(しんだん)(NIPT)が本格実施されるって聞いたけど、どんな検査なの?

 記者 妊娠した母親の血液には胎盤(たいばん)から漏れてくる赤ちゃんのDNAが含まれています。そこで母親の血を約20ミリリットル抜いて染色体(せんしょくたい)の数に異常がないか分析し、おなかの赤ちゃんにダウン症などの病気がないか調べます。手軽で精度も良いので注目されています。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです