メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

出生前診断って? おなかの赤ちゃんの病気検査 倫理面で議論も=回答・千葉紀和

新型出生前診断に使われる検査キット。妊婦の血液を採取した後、米国に送り検査する=2012年11月7日、斎藤広子撮影

 なるほドリ 新型出生前診断(しんだん)(NIPT)が本格実施されるって聞いたけど、どんな検査なの?

 記者 妊娠した母親の血液には胎盤(たいばん)から漏れてくる赤ちゃんのDNAが含まれています。そこで母親の血を約20ミリリットル抜いて染色体(せんしょくたい)の数に異常がないか分析し、おなかの赤ちゃんにダウン症などの病気がないか調べます。手軽で精度も良いので注目されています。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです