メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

「自分はすてき」と自己暗示=起業家の慶応大生・椎木里佳さん

椎木里佳(しいき・りか)さん

 小学生の頃は泣き虫で、教室まで送ってくれる父に「パパ、帰る。帰る」と泣きついていました。そのイメージがクラスメートには残っていたようで、学年で一番目立つグループに入れなかったんです。コンプレックスでした。

 小学4年の時、父から「人は使命を持って生まれてきている」と言われました。そして「里佳の使命って何?」と聞かれました。しばらく考え込み、「他人をサポートするというより、先頭に立って引っ張っていくことかな」と答えました。理想の自分が芽生えたのがこの頃です。でも現実とは乖離(かいり)していました。

 中学は内部進学の他に受験をして入学する人もいます。自分のイメージを変えるのは今しかないと、中学生に…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです