メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

「寺が生きる」の模索は続く

 宗派を問わない集合型の永代供養墓「安穏廟(あんのんびょう)」を1989年に建てた新潟市・角田山妙光寺の住職が昨年11月、54代目に代わった。法燈継承式を祝う記念誌「妙光寺のこれまで、そして、これから」ができたという。上京した「先代」の小川英爾(えいじ)さん(65)に久しぶりに会った。

 今でこそ「宗派不問」の納骨堂や霊園はたくさんある。でも30年前はそうでなかったし、跡継ぎがいない独身女性らは自分の墓はなかなか持てなかった。だから当時、「かわいそうな女性のための墓」といわれもした。違和感があった。小川さんは衰退していく地方の寺院を研究し危機感を募らせていた。「檀家(だんか)制度に頼っては寺の未来はない」。そう心に決めて新しい形の墓づくりに奔走した。

 百八つの個墓を円墳形に配置し、時間がたてば中央の大きな墓に合祀(ごうし)していく斬新なデザイン。し…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです