メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/177 第5章 23=高村薫 多田和博・挿画監修

 あのころの朱美の声は、いつも寝起きのようにボソボソとして聴き取りにくかった、と真弓は思いだす。磨(す)りガラスを一枚はさんで会っているかのようで、すぐ近くにいるのに近さが感じられない。いまにも輪郭が薄れて消えてゆきそうで、なんだかホログラムが喋(しゃべ)っているようだった、と。いや、これは自分の記憶のなかだけの朱美で、ほんとうは違ったのかもしれない。それでもこうして夢のなかで会えるのは、電気仕掛けのピエロになったり、歌いながら宙返りをしたりの元気な朱美ではなく、気がつけばよく理解できなくなっていた薄昏(うすぐら)い朱美ばかりだ。

 初体験は--? 朱美はなにかしらくすんだ眼(め)でこちらを窺(うかが)い、返事を待たずに、大人にな…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです