メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

ミドル刺激する学び直し

社会人大学院ではミドル世代が増えてきた=東京都港区のKIT虎ノ門大学院

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「人生100年時代」が意識されるなか、社会人になってから新しい技術や手法を学び直す「リカレント教育」が注目されている。大学院や資格スクールでは40~50代の姿も目立つ。学びに取り組むミドル世代の意識を追った。

 ●定年後に備えて

 火曜日の午後8時。東京都港区のビルにある金沢工業大学(KIT)虎ノ門大学院の教室ではスーツ姿の人たちがノートパソコンを開き、課題に取り組んでいた。経営管理(MBA)と知的財産マネジメントの修士号を得られる1年制の社会人大学院。第一線で活躍する実務家を講師陣にそろえ、平日夜間と土日曜に開講し、出席できない場合でも後で講義映像を視聴できるなど、忙しい社会人の学びをサポートする。

 学生の業種は多彩だ。加賀谷諭さん(33)は東京都の私立高校の国語科教諭。2015年に広報責任者とな…

この記事は有料記事です。

残り2073文字(全文2442文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]