メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪国際女子マラソン

松田V、2時間22分44秒 初挑戦で歴代9位

1位でフィニッシュする松田=小関勉撮影

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を懸けた大阪国際女子マラソンが28日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とする42・195キロのコースであり、昨年の世界選手権1万メートル代表で初マラソンの松田瑞生(みずき)=ダイハツ=が日本歴代9位で初マラソン日本歴代3位となる2時間22分44秒で初優勝した。前田穂南(天満屋)が2時間23分48秒で2位に入り、安藤友香(スズキ浜松AC)が2時間27分37秒で3位。2時間28分を切った松田と安藤がMGC出場権を獲得した。

 今夏のジャカルタ・アジア大会代表選考会も兼ねたレースは中間点を過ぎて先頭集団が松田、前田、安藤の3…

この記事は有料記事です。

残り2585文字(全文2897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです