メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

大きな亀裂 火口に積雪

本白根山の山肌にあいた複数の噴火口=群馬県草津町で2018年1月28日午後1時18分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 23日に噴火した草津白根山の本(もと)白根山(群馬県草津町、2171メートル)の火口の底に積雪が見つかった。山頂上空から毎日新聞社の取材ヘリで28日、確認した。専門家は「火砕流の痕跡が見えず小規模な噴火」と指摘している。

 取材ヘリからは直線上に並んだ三つの火口が確認でき、うち一つでは大きな亀裂が入るように山肌がえぐれていた。火口周辺の木々は倒れ、火口の底には積雪が確認できた。噴煙などは上がっていなかった。

 専門家らでつくる火山噴火予知連絡会によると、火口は東西約500メートルに広がり、複数に連なる火口は火口列で水蒸気噴火ではよくみられるという。予知連の石原和弘会長(京都大名誉教授)は「今後も火山ガスや地表温度の変化を監視する必要がある」と話す。【鈴木理之、長谷川直亮】

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

  2. 他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

  3. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  4. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです