メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫県警

「県警桃太郎でドーム行く」元プロ投手が巡査に

笑顔でキャッチボールをする坂寄晴一投手=兵庫県三田市上内神で、黒川優撮影

元オリックスの坂寄投手 県警野球部で都市対抗野球目指す

 元プロ野球・オリックスの坂寄晴一投手(27)が兵庫県警の警察官採用試験に合格し、同県警硬式野球部「県警桃太郎」で第二の野球人生を歩み始めた。同部初のプロ経験者として、今春に始まるシーズンからマウンドに上がる。「都市対抗野球の本戦出場を」と目標を掲げるとともに「小さな子が憧れるような警察官になりたい」と夢を描く。

 坂寄投手は茨城県立鉾田一高、国士舘大をへて、JR東日本で活躍し、2014年のドラフト会議でオリックスから6位指名を受け入団。最速142キロの直球と多彩な変化球、制球力に定評があり、即戦力左腕として期待されたが、「投打とも高レベルな周りの選手を見て、自信を失ってしまった」。1年目の15年9月、西武戦で1軍初登板を果たしたが、3分の2回を投げ2失点。これがプロ唯一の1軍公式戦登板となり、16年秋に戦…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです