メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
埼玉・入間

障害者アート 街に商品に

障害者アートをデザインした資材置き場の囲い=埼玉県狭山市で2017年11月、中川友希撮影

一般社団法人「障がい者アート協会」始める

 障害者が描いた絵にデザインの専門家が手を加え、企業商品のデザインなどとして採用してもらう取り組みを埼玉県入間市の一般社団法人「障がい者アート協会」が始めた。昨年11月から既に県内外の6社が採用した。障害者が創作活動を通して社会に認められ、対価を得られる試みとして注目される。

 障がい者アート協会は、自閉症の次男(17)のいる熊本豊敏さん(52)が2015年12月に設立した。…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1106文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『これは経費で落ちません!』多部未華子に高評価 満足度右肩上がり

  2. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです