国交省

鉄道1編成に「車いすスペース原則2カ所以上」へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
段差を確認しながら地下鉄の車両から降りる特別支援学校の生徒。2020年4月以降、車内の車いすスペースが増える見通しだ=東京都新宿区で2016年8月、竹内紀臣撮影
段差を確認しながら地下鉄の車両から降りる特別支援学校の生徒。2020年4月以降、車内の車いすスペースが増える見通しだ=東京都新宿区で2016年8月、竹内紀臣撮影

省令改正方針 20年4月以降、新幹線含めた全鉄道車両に

 国土交通省は、2020年4月以降に運行を始める新幹線を含めた全ての鉄道車両について、現在は1編成に1カ所以上の設置を義務づけている車いすのスペースを、原則2カ所以上設けるよう省令を改正する方針を固めた。海外からの訪問客も増える20年東京五輪・パラリンピックを控え、車いす利用者の利便性を高めるのが狙いで、今年度中に改正省令を公布する。【酒井祥宏】

 国交省によると、鉄道車両の車いすスペースは、バリアフリー法(06年施行)に基づく省令で、原則1編成に1カ所以上の設置が義務づけられている。車いすで円滑に利用できるよう十分な広さを確保することや手すりの設置、車いすスペースであることの表示なども求めている。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文876文字)

あわせて読みたい

ニュース特集