仮想通貨流出

海外から不正アクセス 金融庁、改善命令へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
不正アクセスのイメージ図
不正アクセスのイメージ図

 仮想通貨取引所大手「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題で、流出が海外からの不正アクセスによるものだったと関係者が明らかにした。金融庁はコインチェックの安全対策などに不備があったとみて、近く資金決済法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。警視庁も不正アクセス禁止法違反容疑などを視野に調べるとみられ、今後刑事事件に発展する可能性もある。【小原擁、宮川裕章】

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文705文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集