メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガンジー

思い死なず 孫「弱者抑圧の今こそ学んで」

取材に応じるガンジーの孫ラージモーハン氏=ムンバイで、金子淳撮影

 非暴力・不服従運動を主導したインド独立の父、マハトマ・ガンジー(1869~1948年)暗殺から30日で70年となるのを前に、ガンジーの孫ラージモーハン・ガンジー元上院議員(82)がインド西部ムンバイで毎日新聞のインタビューに応じた。ヘイトスピーチが世界を覆う現状に触れ「ガンジーは弱者の抑圧は恥ずべきことだと言っていた。もし生きていれば、今の世界を変えようとしただろう」と語り、現代こそガンジーの思想に学ぶべきだと訴えた。

 ラージモーハン氏は、ガンジーの四男デーブダース氏の長男。10~12歳のころ、ニューデリーに滞在する…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1265文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  3. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

  4. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

  5. 公文書クライシス 「記録作らない恐れ」省庁指摘、内閣府黙殺 ガイドライン改定論議に反映せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです