男鹿水族館GAO

雌のホッキョクグマ「クルミ」死ぬ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年4月、ポリタンクで遊ぶクルミ=秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOで2017年4月15日午後1時43分、山本康介撮影
昨年4月、ポリタンクで遊ぶクルミ=秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOで2017年4月15日午後1時43分、山本康介撮影

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)は28日、人気者だった雌のホッキョクグマ「クルミ」が死んだと発表した。21歳だった。死因は不明で、今後詳しく調べる。

 同館によると、同日朝、展示室で動かなくなっているクルミを職員が見つけ、死んだのが確認された。27日は通常通り展示していたという。

 クルミは1996年、北海道の釧路市動物…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文346文字)

あわせて読みたい

注目の特集