メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「幸せ」って何だろう?

 健康であることだろうか? 大好きな人と過ごせることだろうか?

 「答え」は幾つもある。

 経済協力開発機構(OECD)が47カ国・地域の「15歳の生徒」に尋ねた「幸福度調査」(2015年)。「生活に十分、満足している」と答えた割合は、カリブ海の島国ドミニカ共和国が67・8%で断トツ。日本は23・8%で「ワースト5位」だった。

 日本と同じように、韓国、台湾など東アジアが下位に並んだのは、厳しい「受験戦争」の影響? 彼らには受験勉強は「反幸福」なのだ。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです