メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

コーネル・ムンドルッツォ 難民少年に希望託す

 ハンガリーを舞台に、シリアからの難民が空中浮遊する映画「ジュピターズ・ムーン」を監督したコーネル・ムンドルッツォは「脚本を書いているころはまだ欧州に深刻な難民問題は訪れていなかったが、製作段階ではすっかり現実の問題となっていた」と振り返る。

 主人公は医療過誤で多額の賠償金を背負った医師シュテルン。銃で撃たれた難民少年アリアンが自力で治癒し、空中浮遊できるのを知り、その能力で一もうけしようとたくらむ。「彼はハンガリーを…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです