国際高校生選抜書展

書の甲子園開幕、国内外2100点展示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第26回国際高校生選抜書展が開幕し、展示された作品に見入る人たち=大阪市天王寺区の市立美術館で2018年1月30日午前10時6分、貝塚太一撮影
第26回国際高校生選抜書展が開幕し、展示された作品に見入る人たち=大阪市天王寺区の市立美術館で2018年1月30日午前10時6分、貝塚太一撮影

 「書の甲子園」の愛称で知られる「第26回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)が30日、大阪市天王寺区茶臼山町の市立美術館で開幕した。地下展覧会室で2月4日まで開かれている。無料。

 今年は国内に加え、台湾やマレーシアなど19カ国・地域から計1万5630点の応募があり、文部科学大臣賞や外…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

あわせて読みたい

注目の特集