メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昨年末にネットで公開された、四国遍路のPR映画「お遍路ガール~四国88サイクリング~」。東京での生活に息苦しさを覚えた女性が、古里の四国で人々と交流しながらロードバイクで遍路を巡り、素顔の自分と向き合うストーリーだ。「自転車の遍路は人と触れ合う余白がある」。監督・撮影を担当した桜井翔太さん(29)は話す。

 私も2011年の夏、趣味のロードバイクで遍路を始めた。その春に東京に異動し、いきなり福島原発の事故を取材。ふと日常を投げ出したくなり、四国へ渡った。無心にペダルをこぎ、たどり着いた寺で手を合わせた。おにぎり、お茶、みかん--たくさんのお接待をいただいた。名も知らない地元の人々の優しさは忘れられない。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです