メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追悼特別展「高倉健」

「八甲田山」など全205作品紹介 あすから函館美術館で /青森

 追悼特別展「高倉健」が31日から、北海道函館市の道立函館美術館で開かれる。メインとなるのは、青森県でロケが行われた「八甲田山」(1977年・森谷司郎監督)など、出演した全205作品をダイジェスト映像で紹介するコーナーだ。

 1956年のデビュー作「電光空手打ち」から2012年の遺作「あなたへ」までを各2分以内に編集し、館内に設置した22台のモニターと7台のプロジェクターで映し出す。作品は年代を追って並べてあり、時代背景を楽しめる。

 青森県がロケ地になった作品は、雪中行軍を描いた「八甲田山」のほか、青函トンネルの工事の苦悩を描いた…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  4. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  5. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです