メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

県議「関心持って投票へ」 生徒に初の出張授業 富岡高1年生へ呼びかけ /群馬

「県議の名前を知っているか」という質問に、「×」と回答した多くの生徒たち

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられたことを受け、高校でさまざまな「主権者教育」が実践されている。県立富岡高校では18日に、県議による出張授業「GACHi高校生×県議会議員~政治を知らなきゃソンをする!~」があった。県議会によると、県議が高校に出向いて授業をするのは初めて。授業を受けた生徒たちは「県議は堅い人が多いと思っていたがフレンドリーだった」「県議会を身近に感じた」と肯定的な感想を述べた。【山本有紀】

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1196文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです