メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主権者教育

県議「関心持って投票へ」 生徒に初の出張授業 富岡高1年生へ呼びかけ /群馬

「県議の名前を知っているか」という質問に、「×」と回答した多くの生徒たち

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられたことを受け、高校でさまざまな「主権者教育」が実践されている。県立富岡高校では18日に、県議による出張授業「GACHi高校生×県議会議員~政治を知らなきゃソンをする!~」があった。県議会によると、県議が高校に出向いて授業をするのは初めて。授業を受けた生徒たちは「県議は堅い人が多いと思っていたがフレンドリーだった」「県議会を身近に感じた」と肯定的な感想を述べた。【山本有紀】

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです