メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

VR使い各種見学 不動産物件、ホテルなど 所沢のIT会社が提供、自宅にゴーグル配達 /埼玉

段ボール製のVRゴーグルを手に「VRを普及させるインフラにしたい」と語る池山智隆さん=東京都中央区日本橋茅場町2のワンストーンで

 バーチャルリアリティー(仮想現実、VR)の普及を目指すIT会社「ワンストーン」(本社・所沢市)が、VRを使って自宅にいながら不動産物件やホテル、イベントなどが見学できるサービス「Warp(ワープ)」の提供を始めた。

 見学したい場所を専用サイトから選んで申し込むと、自宅に段ボール製のVRゴーグルが届く。スマートフォンに、同社のアプリをインストールしてゴーグルに装着すると、スマホの映像がVRとなり、その場所を立体的に確認できる。

 これまでに、不動産会社や旅行会社など50社がこのサービスを導入。「大興不動産」(宮崎市)は昨年6月から、お勧めの物件を中心に360度カメラで撮影してVRで紹介。担当の石川毅さん(35)は「『VR』と聞くと身構えていたが、意外と簡単。室内の奥行きや雰囲気がつかめるので、現地を見ずにVRだけで契約を決めたケースも半年で5件あった」と手応えを語る。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです