メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉ビズ+α

VR使い各種見学 不動産物件、ホテルなど 所沢のIT会社が提供、自宅にゴーグル配達 /埼玉

段ボール製のVRゴーグルを手に「VRを普及させるインフラにしたい」と語る池山智隆さん=東京都中央区日本橋茅場町2のワンストーンで

 バーチャルリアリティー(仮想現実、VR)の普及を目指すIT会社「ワンストーン」(本社・所沢市)が、VRを使って自宅にいながら不動産物件やホテル、イベントなどが見学できるサービス「Warp(ワープ)」の提供を始めた。

 見学したい場所を専用サイトから選んで申し込むと、自宅に段ボール製のVRゴーグルが届く。スマートフォンに、同社のアプリをインストールしてゴーグルに装着すると、スマホの映像がVRとなり、その場所を立体的に確認できる。

 これまでに、不動産会社や旅行会社など50社がこのサービスを導入。「大興不動産」(宮崎市)は昨年6月…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです