メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

中央大附属高 卒業生、それぞれの思い出 /東京

 昨年12月から2カ月にわたって連載した「母校をたずねる」中央大学附属高校編。紙面と毎日新聞ニュースサイトで募集した「私の思い出」に、卒業生の方々から手紙とメールを寄せていただきました。その一部を最終回で紹介します。【まとめ・福沢光一】

60年余の交流が宝物 無職、鈴木睦男さん(78)=1957年度卒、千葉県船橋市

 終戦から10年後の55年4月、東京都杉並区今川の中央大学杉並高校の門をくぐりました。高校受験のすべてを失敗し、両親や中学の先生と頭を抱えていた前年、54年の晩秋に「中杉(ちゅうすぎ)」から受験の機会を得て、晴れて入学となりました。中学浪人は何とか回避できました。

 ただ、そのような事情で入学したので気分は落ち込み、勉学の意欲も湧かず、悶々(もんもん)の日々でした…

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文1948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです