メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボッチャ

交流試合に臨む 特別支援学校6校 県教委企画 /三重

ボッチャの交流試合に臨んだ、県立特別支援学校の生徒たち=津市の県身体障害者総合福祉センターで

 パラリンピック競技の「ボッチャ」の交流試合が29日、県身体障害者総合福祉センター(津市一身田大古曽)であり、県立特別支援学校6校の生徒70人が日ごろの練習の成果を競った。2021年の三重とこわか大会で正式種目になるほか、今年3月には伊勢市で12カ国が参加する国際大会も開催されるのを前に、県教委が普…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです