大津市

市支所「統廃合は弱者直撃」 中央学区自治連、反対署名活動 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
集まった署名を確認する白玉会の役員らと安孫子邦夫さん(右奥)=大津市中央2で、衛藤達生撮影
集まった署名を確認する白玉会の役員らと安孫子邦夫さん(右奥)=大津市中央2で、衛藤達生撮影

 大津市が市内36カ所の市民センターの支所機能を10カ所に統廃合する計画に対し、同市中央学区自治連合会が反対の署名活動を行っている。安孫子邦夫会長は「計画は市民センター内にある公民館の全廃につながり、受け入れられない」と訴えている。

 同連合会は今月17日に開いた定例会で計画反対を決議し、31日まで署名活動を行うことを決めた。25日には傘下の自治会「白玉会」の役員らが、集まった署名の点検作業をした。

 市の計画では36市民センターの支所機能を2020年度から10センターに集約。36センターのうち小松学区を除く35センターに設置している公民館の機能を維持するため、支所機能をなくしたセンターにも市職員1人を3年間は常駐させる。その後は自治会などに運営を委託するとしている。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文548文字)

あわせて読みたい

注目の特集