メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の仏像

/295 木造大日如来坐像 穏やかに慈悲体現 /京都

 (左京区・住心院)

 おおらかで穏やかな顔立ちの大日如来が座す。像は高さ39センチにもかかわらず量感があり、仏師の高い技術をしのばせる。

 材質は針葉樹とみられる一木造り。正面から見ると両方のまゆはほぼつながり、大陸風にすら映る。側面から近づくと、目鼻がむしろ平板に浅く彫られ、上唇はやや突き出ている。衣文(えもん)のひだの彫り方などから10世紀末~11世紀初めの平安時代後期と推定され、インドや中国の影響も受けた仏師が造ったのではないかとみられる。金の彩色や冠の装飾は江戸時代の作らしい。

 住心院は本山修験宗の寺院で、鎌倉時代に現在の京都市東山区で創建されたという。聖護院門跡の院家先達と…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文816文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです