メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨流出

顧客保護軽視に不信感 金融庁改善命令、返金実現不透明

 仮想通貨取引所大手「コインチェック」から仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出した問題で、金融庁は26日の流出発覚から3日という異例の早さで行政処分を下した。スピード処分の背景には、顧客保護を軽視した同社への強い不信感がある。同社が業務改善や顧客への返金を確実に実施できるかが、仮想通貨全体の信用にも影響しそうだ。【小原擁、岡大介、宮川裕章】

 「基本的知識、常識に欠けている」。麻生太郎財務相は29日の衆院予算委員会で、コインチェックの安全管…

この記事は有料記事です。

残り1711文字(全文1932文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです