連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

衆院予算委 政府「矛先回避」に終始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院予算委員会は29日、与野党の実質審議が始まった。野党側は学校法人「森友学園」問題への政府の対応を巡り、「前代未聞の無責任体質」(立憲民主党・長妻昭代表代行)と引き続き追及する姿勢を鮮明にしたが、安倍晋三首相は「業務の見直しを検討させている」などとかわした。一方、米軍ヘリのトラブルについて政府内から飛び出したヤジ問題では、首相がすぐに陳謝するなど低姿勢に徹して幕引きを図った。

この記事は有料記事です。

残り2161文字(全文2352文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集