連載

火論

社会部、ワシントン・エルサレム特派員などを歴任した大治朋子専門記者によるコラム。

連載一覧

火論

敬意を払ってこそ=玉木研二

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <ka-ron>

 敬意を欠いては心は交わらない。

 第72回毎日映画コンクールで外国映画ベストワン賞に選ばれた「わたしは、ダニエル・ブレイク」は英国ニューカッスルが舞台である。

 妻を亡くし、1人暮らしの大工、59歳。心臓を患い、医師から仕事を止められた。

 公的支援を受けようとしても、制度は入り組み、形式張った申請のアラを突くように役所にはね返される。パソコンで手続きしなければならないが、不得手だ。何度試みてもエラー音が出る。

 行き詰まった彼は紙に鉛筆でこう記す。「私は、怠け者でもたかり屋でも物ごいでも泥棒でもない。保険番号でもエラー音でもない。私はダニエル・ブレイク。人間だ」

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文982文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集