メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース解説

ICTで脱・暗記型教育 自治体の取り組みまちまち 「教育格差」の温床にも=森忠彦(オピニオングループ)

ローマ字入力も学習の一つ。今日の授業のふり返りを書き込んでゆく=東京都渋谷区の代々木山谷小で、森忠彦撮影

 全国の小中高校で、電子教材の活用による「教育の情報化」が広がりを見せている。「ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)教育」と呼ばれる新時代型教育だ。一般社会で「道具」として流布するパソコンやスマートフォン(スマホ)を学校現場にも導入し、インターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も駆使。従来の暗記型教育から脱して、「主体的・対話的で深い学び」(新学習指導要領)を重視する教育に活用するのが狙い。しかし、現状では自治体ごとに取り組みがまちまちで、このままでは「教育格差」の温床になりかねない。各地の例を参考にICT教育の効果と課題を考えてみたい。

この記事は有料記事です。

残り2965文字(全文3282文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです