メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
自民党

額賀氏退任要求、衆院も 派閥分裂、回避探る

 自民党額賀派(平成研究会、55人)で29日、21人の参院議員をたばねる吉田博美・党参院幹事長による額賀福志郎会長への退任要求に同調する動きが、衆院側にも広がった。衆院当選3回の同派議員6人が同日、東京都内で会合を開き、派閥の分裂回避が重要との認識で一致した。額賀氏が退任しなければ派閥を離脱する構えを示す参院側に足並みを合わせるもので、額賀氏への「包囲網」が狭まった。【高橋恵子、井上知大】

 同派の衆院3期議員は9人で、この日の会合には笹川博義氏ら6人が出席。欠席した3人の了承も取り付けて…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1163文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです