メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

現場と向き合った「ごみストーリー」 社会を映す収集作業=成田有佳(東京地方部)

集積所に持って行けない女性のごみを自宅前まで取りに来た収集作業員。女性は容器のふたに感謝の言葉を添えている=東京都杉並区で2017年12月21日、成田有佳撮影

 昨年11月3~17日の朝刊で10回にわたり連載した「ドキュメント・東京ごみストーリー」。私は取材を始める前まで、ごみとは何かを深く考えたことはなかった。しかし、東京都杉並区で約3カ月、密着取材したごみの現場は、環境保護のスローガンや美辞麗句で片付けられるものではないと実感した。それを踏まえて言いたい。生活や社会を映し出すごみの行く末に、私たち一人一人がもっと目を向けなければいけない、と。

この記事は有料記事です。

残り1809文字(全文2005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです