メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 スポーツ「脱課外活動」へ 環境整備、収益拡大へ新組織設立計画

昨年10月に滋賀県米原市で行われた青学米原駅伝=青山学院大提供(写真の一部を加工しています)

 スポーツ庁は、大学スポーツの環境整備や収益拡大などを目指し、各大学や学生競技連盟(学連)を統括する組織を2018年度中に創設する方針だ。20年の東京五輪・パラリンピックを前に、日本の大学スポーツが抱える課題と新しい組織について考えた。

 ●「日本版NCAA」創設目指す

 政府は16年に発表した成長戦略「日本再興戦略2016」で、15年に5.5兆円だったスポーツ市場の規模を25年までに15兆円へ拡大する目標を掲げた。その柱の一つが大学スポーツの活性化だ。大学スポーツは多くの大学で「課外活動」に位置づけられてきた。学生の自主的運営に頼り、資金不足に悩むところも多い。学業がおろそかになる選手もおり、体育会所属の学生と一般学生との乖離(かいり)も進む。

 学生や指導者による不正が起きた場合、運動部のほとんどが任意団体のため、適正な監査が行われていないことも多い。日本体育協会の泉正文専務理事は「ガバナンス強化も課題だ」と話す。競技種目ごとに学連があり縦割りのため、安全管理や危機管理、責任体制などで足並みをそろえることが求められている。

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです