メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 法政大 西川英彦さん 学びつつ実践、続けて

西川英彦・法政大教授

 企業の新規事業開発責任者から研究者へ転身した。消費者の声を聞き商品を開発するクラウドソーシングや、インターネットを活用したデジタルマーケティングを専攻する。

 転機は大学卒業後に勤めた企業での人事異動だった。「新聞は読まず、マーケティングという言葉も知らなかったが、経営企画部に配属されて変わった」という。そこには大学院で学ぶ先輩もいた。刺激を受けて自身も神戸大大学院へ。「得た知識が仕事にも生きているという実感があった」

 担当するマーケティングリサーチの授業やゼミナールの学生には、消費者の調査から企画、商品化に至る過程を実践的に学ぶように後押しする。ゼミは学生主体に運営し、サポート役に徹している。昨年は2年生を中心に、アーバンリサーチと共同でパーカを作った。法政大の英訳の頭文字「HU」とアーバンリサーチの「UR」を重ねた「HUR」のロゴをあしらった。「学生と企業の共創からは意図しないモノが出てくる」と感心する。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. ジョー・バイデンと読める福島・須賀川のバス停「上梅田」 SNSなどで話題に

  4. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです