メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

W杯日本代表は誰に 「点取り屋」不在のFW 食い込むか若手、残るかベテラン

W杯メンバー入りへ生き残りをかける(前列手前から)香川、浅野、岡崎ら=長谷川直亮撮影

 6月14日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会。日本代表を率いるハリルホジッチ監督は選手のパフォーマンスや状態を見極めながら出場登録メンバー23人の選考を進めていく。昨年の日本代表戦の出場、招集状況などをもとにしながら、ポジション争いの現状を考察する。【大島祥平、大谷津統一】

 「現時点でW杯が確約されている選手は一人もいない」とハリルホジッチ監督は言う。昨年11月のブラジル、ベルギーとの重要な強化試合に本田(パチューカ)、岡崎(レスター)、香川(ドルトムント)という長く日本を引っ張ってきた3人を「満足するパフォーマンスではなかったから」と招集しなかった。競争を促す姿勢に妥協はない。徹底的に相手を研究して弱点を突く戦略家だけに、対戦国分析を進めながら必要な選手を選んでいくだろうが、過去の実績にこだわらず抜てきされる可能性もある。

 国内組のテストとなった昨年末の東アジアE-1選手権では韓国に1-4で惨敗するなど振るわなかった。W…

この記事は有料記事です。

残り4062文字(全文4488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです