メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

 浦和の新入団会見でのこと。引き締まった精悍(せいかん)な表情に、インタビューをしようと囲んだ記者が驚いた。湘南から4年ぶりに復帰した山田直輝。明らかに体が絞れている。少年のようなかつての雰囲気はなく、すっかり大人びていた。

 山田は湘南の曹貴裁監督から「やっていいプレー、いけないプレー」を学んだと話す。例えば「ミスではないが、俺から見ればマイナスのプレー」との指摘を受けることがあったという。チームのために何をすべきか、ということだ。

 「ようやくプロサッカー選手として、チームが勝つためのプレーができるようになった。成長を見せたい」と…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文795文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. JOC 理事会を非公開に 「議論活性化のため」 「時代に逆行」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです