メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松田るか

ポッピー役でコスプレしすぎ?「感覚まひっている」 主題歌歌唱も「私でいいの?」

「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の完成披露上映会に登場した松田るかさん

 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」のVシネマ「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング」の完成披露上映会が東京都内で30日に行われ、仮野明日那/ポッピーピポパポを演じた松田るかさんが登場。松田さんは今作のパート2「仮面ライダーパラドクスwithポッピー」に出演しているが「見てくださった方に『たくさんコスプレをしているよね』って言われるんですけど、常にコスプレみたいな(格好をしている)感じ。感覚がまひっているので、特にコスプレをしたっていう印象はない」と明かした。

 松田さんは撮影で雨が降ってきたのに椅子に縛られたまま「庭に放置された」とスタッフに恨み節。一方で主題歌を歌っていて、「カッコいい曲にしたから、ポッピーちゃんの声では似合わないかもっていう話を聞いていて、どうしようって思った。よく聴くと、心がギューってなる歌詞でカッコいい曲調で、私でいいの?っていう疑問もありました」と不安をのぞかせたが、松田さんにはファンから温かい拍手が送られていた。

 「仮面ライダーエグゼイド」は、主人公の宝生永夢(ほうじょう・えむ)ら若きドクターたちが仮面ライダーに変身し、謎の“ゲームウイルス”と戦う姿を描き、2016年10月~17年8月に放送された。「トリロジー アナザー・エンディング」は、パート1「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」、パート2「仮面ライダーパラドクスwithポッピー」、パート3「仮面ライダーゲンムVSレーザー」の3部作で、2月3日から順次劇場上映され、3月以降にDVDとブルーレイディスクが発売される。

 劇場版「仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」から2年後の世界が舞台で、“ラスボス”として立ちはだかる檀黎斗/仮面ライダーゲンムが仕掛ける最後のゲームにライダーたちが翻弄(ほんろう)される……という内容。テレビシリーズでは語られなかった三つに連なった新エピソードが明らかにされる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
  2. 五輪フィギュア 羽生、宇野ら華麗な舞
  3. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
  4. 五輪カーリング メダル授与「涙があふれるぐらいの重み」
  5. 五輪スケート 韓国選手、銀でも謝罪 女子マススタート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]