中国

王岐山氏、引退せず 国家副主席有力か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
王岐山前党中央規律検査委員会書記=藤井太郎撮影
王岐山前党中央規律検査委員会書記=藤井太郎撮影

 【北京・河津啓介】昨年10月の中国共産党大会で最高指導部の政治局常務委員を退任した王岐山(おう・きざん)前党中央規律検査委員会書記(69)が29日、3月の全国人民代表大会(全人代=国会)代表に選ばれた。指導部を退任後、全人代代表に選ばれるのは異例。香港メディアは、完全引退せず、習近平国家主席の右腕として国家副主席などの要職に就く可能性があると伝えた。

 中国や香港のメディアが29日に一斉に報じた湖南省選出の全人代代表名簿の中に「王岐山」の名前の記載があった。王氏は昨年の党大会でも同省から代表に選ばれていた。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集