メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

改めて歴史振り返る意義とは

1968年10月23日、東京・日本武道館で開かれた「明治百年記念式典」で式辞を述べる式典委員長の佐藤栄作首相(当時)

 今年は1868年の明治改元から150年で、各種の記念事業が予定されている。政府は明治改元100年に当たる1968(昭和43)年にも「明治百年記念式典」を開いた。半世紀を経て、改めて「明治」を振り返る意義を考えた。【佐藤丈一】

政府主催ではなかった明治50年

 安倍晋三首相が明治150年に言及したのは2015年8月、山口県での講演だ。「明治50年が寺内正毅、100年が佐藤栄作。私が頑張れば2018年も山口出身の首相となる」。

 大叔父の佐藤元首相、寺内元首相はともに同郷で、維新を主導した旧長州藩の出身者として強いこだわりをみ…

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2287文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです