メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省専門委

ヒト臓器、動物で作製容認 移植は認めず

動物性集合胚でヒトの臓器をつくるしくみ

 ヒトの臓器を動物の体内で作る研究指針について、改定内容を検討していた文部科学省の専門委員会は29日、報告書案を公表した。ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を入れた動物の受精胚を、動物の子宮に着床させて出産させることが認められていなかったが、創薬と安全性を確かめるための基礎研究に限って容認。ただ、ヒトへの臓器移植は「現時点で安全性の観点から認められない」とした。

 この方法で生まれた動物の交配や、ヒトの生殖細胞を持たせた動物からヒト胚をつくることは禁止した。文科省は年内にも指針を改定する。ヒトへの移植に道が開けるが、安全や倫理面で議論が続くとみられる。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  3. 「絞首刑は痛いみたいだから、それは嫌だな」 9人殺害・白石被告一問一答(その4)

  4. 米大統領選のテレビ討論会始まる トランプ氏とバイデン氏、初の直接対決

  5. 「男性については唯一明確な殺意があった」 9人殺害・白石被告一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです