メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根

微動後3分で噴火に衝撃 火山防災、再検討も

噴火があった本白根山の火口周辺。奥は草津温泉の温泉街=本社ヘリから長谷川直亮撮影

 草津白根山の本(もと)白根山(2171メートル)で、最初の火山性微動発生からわずか3分で噴火したことが、火山研究者らに衝撃を与えている。再噴火で同様の事態を想定すれば、入山者に避難を呼び掛ける余裕がない。前兆の考え方など、火山防災への対応が根本から再検討を迫られている。

 「ガス噴出や地熱上昇など火山らしい現象が一切ない。なぜと繰り返し考えている」。草津白根山の研究を続けてきた東京工業大の野上健治教授は話す。

 気象庁によると、23日の噴火では、午前9時59分に火山性微動が観測され、同10時2分に噴火した。火…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです