メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア

マハティール氏「首相になっても、せいぜい2年」 インタビュー詳報

毎日新聞のインタビューに応じるマレーシアのマハティール元首相=クアラルンプールで2018年1月26日、平野光芳撮影

 26日に行われたマレーシアのマハティール元首相(92)との単独会見の主なやりとりは次の通り。

--なぜ再び首相を目指すのか。

 実際のところ、再び首相にはなりたくなかった。不幸にも多くのこと(ナジブ首相を巡る汚職疑惑)が起こり、私も何か行動を起こすように求められた。

 ナジブ氏にアドバイスしたが役に立たず、その後、私は政党(マレーシア統一プリブミ党)をつくった。この党は、国民戦線(与党連合)と対抗するために、他の野党と連携する必要があった。他の野党は私がリーダーになるべきだと感じた。他のリーダー候補がいれば私はそれで構わなかったが、野党は私が非常に高齢にもかかわらず、ナジブ氏に勝利するのに貢献できると考えた。

 私は長く首相の座にはいない。せいぜい2年程度だ。長く座にいることはできないが、総選挙、そして首相に…

この記事は有料記事です。

残り3185文字(全文3541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. 天皇陛下即位パレード 11月10日午後3時からに延期 予備日は設けず

  4. 台風19号で橋流出 JR鉄橋歩き命つなぐ 福島・矢祭町

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです