メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『神戸とコーヒー』神戸新聞総合出版センター/編

大衆的な嗜好品として求められ続けている

◆『神戸とコーヒー 港からはじまる物語』神戸新聞総合出版センター/編(神戸新聞総合出版センター/税別1600円)

 拙著『京都の喫茶店』の執筆中に「大衆喫茶」という言葉をふと思い付き、自分の造語のつもりで使っていたのだけれど『神戸とコーヒー』を読んで、戦前の神戸には、そういうスタイルの店がすでにあったと知る。往時は、コーヒーは洒落(しゃれ)ていてお値段もけっこうして、すまして飲むものだったはずと決め込んでいた。しかし、少なくとも神戸では、そうではなかったのだ。

 大衆喫茶の象徴的存在だった「ホワイト」は1926(昭和元)年に一号店をオープンし、ミルクコーヒー=…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文943文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]