メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『神戸とコーヒー』神戸新聞総合出版センター/編

大衆的な嗜好品として求められ続けている

◆『神戸とコーヒー 港からはじまる物語』神戸新聞総合出版センター/編(神戸新聞総合出版センター/税別1600円)

 拙著『京都の喫茶店』の執筆中に「大衆喫茶」という言葉をふと思い付き、自分の造語のつもりで使っていたのだけれど『神戸とコーヒー』を読んで、戦前の神戸には、そういうスタイルの店がすでにあったと知る。往時は、コーヒーは洒落(しゃれ)ていてお値段もけっこうして、すまして飲むものだったはずと決め込んでいた。しかし、少なくとも神戸では、そうではなかったのだ。

 大衆喫茶の象徴的存在だった「ホワイト」は1926(昭和元)年に一号店をオープンし、ミルクコーヒー=…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文943文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです