メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『神戸とコーヒー』神戸新聞総合出版センター/編

◆『神戸とコーヒー 港からはじまる物語』神戸新聞総合出版センター/編(神戸新聞総合出版センター/税別1600円)

 拙著『京都の喫茶店』の執筆中に「大衆喫茶」という言葉をふと思い付き、自分の造語のつもりで使っていたのだけれど『神戸とコーヒー』を読んで、戦前の神戸には、そういうスタイルの店がすでにあったと知る。往時は、コーヒーは洒落(しゃれ)ていてお値段もけっこうして、すまして飲むものだったはずと決め込んでいた。しかし、少なくとも神戸では、そうではなかったのだ。

 大衆喫茶の象徴的存在だった「ホワイト」は1926(昭和元)年に一号店をオープンし、ミルクコーヒー=「ミーコ」を流行(はや)らせたそうだ。レシピは、牛乳とコーヒーを1:2の割合で混ぜ、サッカリンで甘みを付ける、というもの。所縁(ゆかり)の人の話として「当時、東京からもわざわざ『ホワイト』を見に来る人があって、エプロン姿の女性の買い物客が出入りしていることにびっくりしたそうです。東京にはそんな店はな…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです