メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

栗山民也 歴史の声、もう一度 井上ひさし「シャンハイムーン」を演出

=小川昌宏撮影

 研ぎ澄まされた演出で、20本近い井上ひさし作品を鮮やかに提示してきた栗山民也。激動の上海を舞台に、文学者魯迅と彼を巡る4人の日本人らの姿を描く井上中期の戯曲「シャンハイムーン」を初演出する。「初期の暴れん坊の芝居とは大きく違って、何かスーッと透明に人々を慈しむ、祈りのような物語」と話す。

  ■   ■

 舞台は昭和9(1934)年8月から9月にかけての上海。国民党政府による弾圧から逃れるため、魯迅(野…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1098文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです