メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

栗山民也 歴史の声、もう一度 井上ひさし「シャンハイムーン」を演出

=小川昌宏撮影

 研ぎ澄まされた演出で、20本近い井上ひさし作品を鮮やかに提示してきた栗山民也。激動の上海を舞台に、文学者魯迅と彼を巡る4人の日本人らの姿を描く井上中期の戯曲「シャンハイムーン」を初演出する。「初期の暴れん坊の芝居とは大きく違って、何かスーッと透明に人々を慈しむ、祈りのような物語」と話す。

  ■   ■

 舞台は昭和9(1934)年8月から9月にかけての上海。国民党政府による弾圧から逃れるため、魯迅(野…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1098文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです