メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
Interview

栗山民也 歴史の声、もう一度 井上ひさし「シャンハイムーン」を演出

=小川昌宏撮影

 研ぎ澄まされた演出で、20本近い井上ひさし作品を鮮やかに提示してきた栗山民也。激動の上海を舞台に、文学者魯迅と彼を巡る4人の日本人らの姿を描く井上中期の戯曲「シャンハイムーン」を初演出する。「初期の暴れん坊の芝居とは大きく違って、何かスーッと透明に人々を慈しむ、祈りのような物語」と話す。

  ■   ■

 舞台は昭和9(1934)年8月から9月にかけての上海。国民党政府による弾圧から逃れるため、魯迅(野…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです