メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

世界思想社教学社・上原寿明社長 入試問題集や教養書 少子化「赤本」も独自性

世界思想社教学社の上原寿明社長=京都市左京区で、大道寺峰子撮影

 「赤本」の名で親しまれている大学入試過去問題集や学習参考書を出す教育図書部門の「教学社」と、学術書、教養書を手掛ける「世界思想社」。この二つの“顔”を持つ出版社「世界思想社教学社」(京都市)の上原寿明社長(62)に、今後の展望や事業戦略などを聞いた。【大道寺峰子】

 --18歳人口が減少期に入る「2018年問題」の影響をどう見ていますか。

 ◆17年度、赤本シリーズは530点を刊行しました。学部別も含むので、学校数では約350校、全国の大…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです