メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性婚

愛に理解…欧米だけ? 福岡の国際同性カップル、スペインで結婚へ

 福岡県内在住のスペイン人と日本人の女性国際カップルが、今秋スペインで結婚する。家族として一緒に日本で暮らしたかったが、日本は同性婚を認めていない。2人は「大好きな日本が同性カップルに理解ある国になってほしい」と願い、顔と実名を出し取材に応じた。

 ペレス・サラさん(33)=福岡市中央区=と、末永千穂さん(33)=同県筑紫野市。漫画やアニメなど日本の文化に関心があったペレスさんは2005年に来日し、福岡市の日本語学校に通った。当初は1年のつもりだったが、結局、大学まで出て、卒業後は同市の外食企業に就職。日本に住み続ける決心をし、16年には永住権も取得した。

 2人は09年ごろ、福岡市内のレズビアンバーで出会い、交際が始まった。ペレスさんは、同性が好きである…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです