メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キタコマ沖縄映画祭

基地問題や歴史考えて 狛江で来月5日まで /東京

 米軍基地問題から琉球の歴史や文化まで、沖縄を題材にした映像作品を集めた「キタコマ沖縄映画祭2018」が、狛江市岩戸北4の「M.A.P.」(エムエイピイ)などで開催されている。

 米軍普天間飛行場の移設に伴い、名護市辺野古で進む新基地計画をめぐるドキュメンタリー映画「いのちの海 辺野古大浦湾」(謝名元慶福監督)や、沖縄の伝統のなかで淡々と生きる人々を描いた「カタ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです