メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

「つえ屋」社長 坂野寛さん 「本当に欲しい1本」追求 難病きっかけ、真の専門店へ脱皮 /京都

坂野寛さん(58)=京都市

 見えなくなって、見えたものがあった--。

 京都市中京区に本店を置くつえ専門店「つえ屋」社長、坂野寛(ゆたか)さん(58)は、開業から約11年で13店舗を全国展開するまでに成長したわけをこう分析する。急激に視力が低下する難病を発病した経験から、「お客が本当に欲しい1本がある店」を追い求めるようになった。取り扱うつえが約9000種類、18万本となった現在も、新商品の開発を続けている。

 だれもやってない商売を始めようと2006年9月、「全国初のつえ専門店」として丸太町本店をオープンし…

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1516文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです