メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

「つえ屋」社長 坂野寛さん 「本当に欲しい1本」追求 難病きっかけ、真の専門店へ脱皮 /京都

坂野寛さん(58)=京都市

 見えなくなって、見えたものがあった--。

 京都市中京区に本店を置くつえ専門店「つえ屋」社長、坂野寛(ゆたか)さん(58)は、開業から約11年で13店舗を全国展開するまでに成長したわけをこう分析する。急激に視力が低下する難病を発病した経験から、「お客が本当に欲しい1本がある店」を追い求めるようになった。取り扱うつえが約9000種類、18万本となった現在も、新商品の開発を続けている。

 だれもやってない商売を始めようと2006年9月、「全国初のつえ専門店」として丸太町本店をオープンし…

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. インタビューシリーズ・温故知新 /上 高木ブー ネタ会議! 全員ギラギラ 音楽で始まり、人の輪も広がった
  3. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  4. アジア大会 バドミントン桃田快勝 男子団体、準々決勝に
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです