あがらのまち自慢

中心市街地リノベーション(和歌山市) みんなで作る「集いの場」 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「集いの場を作りたい」と語る山本賢治さん=和歌山市雑賀屋町東ノ丁のサイ賀屋マチカフェ29withフォレスト・G・Pで、最上和喜撮影
「集いの場を作りたい」と語る山本賢治さん=和歌山市雑賀屋町東ノ丁のサイ賀屋マチカフェ29withフォレスト・G・Pで、最上和喜撮影

 和歌山市中心部で、民間主導で空き物件を再生するリノベーション(遊休不動産の活用)が広がっている。食肉協同組合が肉の共同仕入れや冷蔵保存などのために建設し、その後テナントが埋まらない状態が続いていた「ミートビル」(和歌山市卜半町)など市内数店舗のリノベーションを手掛ける山本賢治さん(44)に市街地活性化にかける思いなどを聞いた。【最上和喜】

 <なぜリノベーションに携わることになったのか>

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1091文字)

あわせて読みたい

注目の特集