JR九州

列車本数削減計画 県や沿線自治体、再考求め要望書 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
古宮本部長(右)に要望書を手渡す小山部長
古宮本部長(右)に要望書を手渡す小山部長

 JR九州のダイヤ改定に伴う列車の運行本数の削減方針を巡り、県内の自治体などでつくる県地域交通体系整備促進協議会(会長・小川洋知事)は30日、計画の見直しを求める要望書を同社に提出した。

 県や豊前市、嘉麻市、大牟田市など沿線自治体の関係者が同社本社(博多区)を訪問。要望書は「十分な説明や協議もないまま一方的に減便することは到底承服できない」とし、ダイヤ改定の再考と利用者の利便性向上を求めている。

 協議は非公開であり、県によると同社の古宮洋二鉄道事業本部長が「変えるべきものがあれば個別に対応し、本当に必要なものについては変更することがあり得る」と答えたという。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集