メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR九州

列車本数削減計画 県や沿線自治体、再考求め要望書 /福岡

古宮本部長(右)に要望書を手渡す小山部長

 JR九州のダイヤ改定に伴う列車の運行本数の削減方針を巡り、県内の自治体などでつくる県地域交通体系整備促進協議会(会長・小川洋知事)は30日、計画の見直しを求める要望書を同社に提出した。

 県や豊前市、嘉麻市、大牟田市など沿線自治体の関係者が同社本社(博多区)を訪問。要望書は「十分な説明や協議もないまま一方的に減便することは到底承服できない」とし、ダイヤ改定の再考と利用者の利便性向上を求めている。

 協議は非公開であり、県によると同社の古宮洋二鉄道事業本部長が「変えるべきものがあれば個別に対応し、…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです